新潟県信用保証協会

経営支援事例紹介

的確なアドバイスと説得力のある提案で、顧客を獲得。地域の特色を活かした店舗づくり、宣伝効果によって認知度を向上。

Sugar bond hair/美容業 オーナー 佐藤 美鈴氏

開発資金の不安を相談

扉の奥から明るい笑い声が響く、十日町の美容室Sugar bond hair。年齢・性別を問わず幅広い人々が訪れるヘアサロンだ。オーナーの佐藤美鈴さんがこの店をオープンしたのは2014年。17年勤務した美容室から独立、新たな決意を胸にしてのスタートだった。「開業にあたり、何よりもお金の面が心配でした。開業資金は自分の貯蓄だけでは到底まかなえなかった」と振り返る。
3人の子供を育てながら、お金を借り入れることへの不安。融資を受けても自分にどれだけの返済能力があるのかわからない。佐藤さんはそれまでの勤務先で取引のあった、地元の商圏をよく知る美容ディーラーに相談。そこで紹介されたのが、金融機関と新潟県信用保証協会だった。

親身な提案で好転

「保証協会の担当の方が事業計画書の作成について詳しく説明してくださったんです。売り上げをいくらに設定して毎月いくら返済するとか、店舗の何キロ以内に同じような店があるのでこうしたらいいとか。そういった具体的な提案を、すごく素直に受け入れられた。私が抱えていた不安が一つずつ解消されていくようでした」と佐藤さんは語る。
オープン後はスタッフを増やしながら、徐々に新規顧客も獲得。中でも功を奏したのが、協会の提案で取り入れた広告戦略だったという。「ご紹介カードの導入や携帯広告、特にネットを利用した宣伝はSNSでも反響を呼び、目に見えて効果がありました」。それ以降も、店舗の増築や事業拡大の折には協会に相談し、プロの目から見た助言を頼りにしているという。

信頼関係を勇気に変えて

順調に顧客を増やし、地域に根付いている同店。現在スタッフは5名で、地域柄、需要の多い着付けの技術をはじめ、ヘッドスパ、マッサージ、ネイルなど、ヘアメイク以外の専門的な施術も展開している。スタッフ同士は仲が良く、気持ちよく仕事できていることが一番の幸せだと佐藤さんは語る。「これも、先が見えない頃からずっと協会さんが私を信じ、応援してくれたおかげ。勇気を持って頑張ろう!と思わせてくれた皆さんに感謝しています」と地域密着型の美容室を目指していく。

新潟県信用保証協会のサポート〈 Sugar bond hairの場合 〉

多岐にわたるリサーチで打開策を提案。
1/相談のきっかけ

長年勤めた美容室を独立、自分のお店を開くにあたり、開業資金の調達が必要に。

元の勤務先に相談。地域の商圏に詳しい美容ディーラーを介して、金融機関と当協会を紹介していただきました。

2/課題
資金繰り

店舗物件や美容室の椅子、鏡、シャンプー台など設備投資が必要。開業後の運転資金も含め、どのくらいのお金が必要か見当がつかず、お困りでした。

顧客の確保

以前の職場で佐藤さんが担当していたお客様が何人いるか、単価はいくらかなど、カルテを持ち出すことはできません。独立後のお店に来る方がどれだけいるかわからず不安をお持ちでした。

3/解決策
事業計画書の作成

借入をした場合の毎月の返済額や客単価の見積もり、何人のお客様を何時間で回せばよいかなどを細かく計算し、(資金繰り計画を含めた)事業計画書として提案しました。

マーケティング

宣伝策としてポスティング(チラシ配布)を検討しましたが通常業務をしながらでは難しく、代わりにFacebookやInstagramの活用と無料のネット広告を打つことに。SNSの活用はお客様をあきさせないよう毎月キャンペーンを発信。またご紹介カードを導入し、紹介者と新規客への割引サービスも実現しました。

成果

開店準備期間だけでなく、開店後もお店を訪問して現状を把握。佐藤オーナーからも事あるごとにご相談いただけるようになり、その都度、一緒になって課題を解決してきました。今後ともしっかりとサポートし、さらなる安心をお届けしたいと思います。

Sugar bond hair

創業2014年 十日町市寿町
ヘアメイクをはじめヘッドスパ、フェイスシェービング、マッサージ、ネイルなど幅広い美容メニューを展開。特に、着物のまち十日町だけに、和装の着付けを得意とするサロンとしても支持されている。パートスタッフも含め5名が在籍。

Contact
お問い合わせはお電話・メールフォームにて受け付けています。
お気軽にご連絡ください。025-210-5141