新潟県信用保証協会

先輩からのメッセージ

長岡支店の木村裕章さん

長岡支店/保証第二課木村 裕章平成22年入社
経済学部卒
平成28年中小企業診断士取得

先輩メッセージ

入協の動機

「就職する」ということは、その後の人生の多くの時間をその組織で過ごすことになるので、高いモチベーションを維持し続けられる仕事かどうかを考えました。その中で地域経済の発展に貢献できる仕事に就きたいとの思いが芽生え、幅広い業界を調べていたところ信用保証協会の存在を知りました。ノー残業デーや有給休暇促進の取り組み、活発な部活動などからワークライフバランスが実現できることや、資格取得に向けたサポート体制が充実しており自己啓発が可能と考え入協を決めました。

仕事内容

公的な保証人となり、中小企業の方々の資金調達をサポートすることを務めとする信用保証協会において、私は保証審査を担当しています。決算書の分析や書面審査が中心ですが、新たに開業される方や新しく事業展開される方から、直接お話しをお聞きすることもあります。現在の状況や今後の展望など事業に対する思いや決算書には表れないビジネスの強みをお聞きしながら、適切に判断するよう努めています。

今までの仕事でうれしかったこと

担当した中小企業の方が、情報雑誌や新聞などで取り上げられた記事を読んだり、テレビ番組などに出演しているのを見るととてもうれしくなりますね。次の仕事への活力となっています。

入協してがんばったことは

中小企業を支援していく中で、幅広い知識と経験が必要であると感じ、スキルアップのため「中小企業診断士養成課程」を受講しました。勉強は大変でしたが、家族や職場の皆さんのサポートがあり、中小企業診断士の資格を取得しました。資格取得に向けたサポート体制が充実していることは、当社の魅力のひとつです。

休日の過ごし方

趣味でサッカーを続けており、最近はよくフットサルをやっています。仕事で悩むこともありますが、気心の知れた仲間とボールを蹴っていると、自然とリフレッシュできますね。また、協会ではハイキング部に所属していますが、仲の良い先輩や同僚と一緒に2000m級の山々を登った時の爽快感はたまりません。

学生の皆さんへのメッセージ

公的機関ということで堅いイメージが先行しがちですが、職員の3分の1は20代であり、活気あふれる職場です。アフター5や休日は趣味や勉強など充実した自分の時間を過ごすことができますし、自己啓発の支援体制が充実しているため、公私ともさまざまなことにチャレンジできる環境だと思います。

ある日の一日

資格取得などスキルアップできる環境も魅力

Contact
お問い合わせはお電話・メールフォームにて受け付けています。
お気軽にご連絡ください。025-210-5131